【読書レビュー】反応しない練習/日常を穏やかに過ごすために

スポンサーリンク
ママライフ

自称読書好き、むむむです。

こんにちは。

今日は著・草薙龍瞬 反応しない練習の読書レビューです。


この本は一年ほど前に購入したのですが、先日再度また読み返したらまたハマってしまい、オーディオブルまで購入して農作業の傍ら聞いています。

 

作業しながら本が聴ける!Amazonオーディオブル


仏陀の教えから合理的に心を使う訓練の本です。

宗教本と嫌煙するかもしれませんが、中身は仏教になぞらえながら心のあり方を説いている本です。

原始仏教の開祖[仏陀]の教えはまさに今の時代にこそ実践するべきです。

スマホ片手にいつでも情報という刺激に触れることが出来る現代。

あの人がうらやましい。

あれさえなければ。

こうであってほしい。

いつも私の事を考えてくれない!

感情がいつも揺さぶられ、モヤモヤする日常を送ってしまったり満たされなさを感じている

そんな人におすすめな一冊です。

スポンサーリンク

反応しない練習/著者・草薙龍瞬

草薙龍瞬(くさなぎりゅうしゅん)とは、日本の仏教僧侶。著述家。興道の里(こうどうのさと)代表。本名非公表。

引用:ウィキペディア

日本の仏教の僧侶です。中学中退ご上京したのち、大検で東京大学法学部に入学したというちょっと変わった経歴の持ち主です。

仏教の教えをベースに、宗派や伝統に属さない独立出家僧として活動しています。

反応しない練習/あらすじ

心について様々な特徴を書いています。

妄想は頭で考えている事であって、本当かどうか誰にも分からない。そんなことに反応しない方がいい。

反応すること自体が無意味な事である。心が乱されるだけ。

判断しない事。私が正しいとかあなたは間違っている。とか、自分の価値観だけで判断しない。判断は相手の上に立ちたい、傲慢な態度。判断することによって得られるものは何もない。

と言った内容が、いくつかの章に分かれて書いてあります。

本当に心にとって合理的な考え方です。

レビュー

感情のコントロールが苦手な私にはすごく心に響く話でした。

どうしても執着してしまう事があってなかなか手放せないものってありますよね。

願わなかった過去の思い」が苦しみを生んでいます。というフレーズ。

執着することの無意味さ、不合理さが刺さりました。

妄想は真実ではないのに、日常でついやってしまう妄想。

この妄想の時間は本当に不合理です。

むむむ
むむむ

頭では理解したのにやってしまう妄想・・・。

こういった妄想をしないために仏教には「瞑想」があります。この本を読んでから瞑想にも興味が出てきました。

大昔の仏陀の教えは今の私たちにこそ響く内容です。

ぜひ、読んでみてくださいね!

読む時間がない人にはAmazonオーディオブルがおすすめ!

 

こちらもあわせてどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました