ハローワークの求人はブラックばかりは真実!ハローワークで仕事探しするときの注意点

スポンサーリンク
過去の職業遍歴

いきなりですが、ハローワークの求人はブラックが多いです!

むむむ
むむむ

ハローワークで転職したら散々だったんです。

実体験としてハローワークで5回仕事を探して4つはブラック企業だったからです。

この記事を読むと

ハローワークはブラック企業が多いので転職の時に注意して欲しい理由
ハローワークで転職する際の注意点

が分かります。

転職しようと考えている方は仕事探しに失敗しないようにぜひ読んでくださいね。

スポンサーリンク

ハローワークの求人にブラック企業が多いわけ

なぜハローワークで求人を探すとブラック企業が多いのでしょうか。

実はハローワークで求人を出すことは企業にとってハードルが低いからです。

ブラック企業が多い主な理由はこちらです。

無料で求人掲載できるので企業側で気軽に募集できるから
求人票と実際の労働条件や内容が違っていても問題ないから
ちなみにハローワークの求人は個人経営や家族経営の会社が多いですので更に要注意です!
詳しく書いています↓

無料で求人掲載できるので企業側で気軽に募集できるから

ハローワークは国か運営している機関で、求人者も求職者も無料で利用できます。

なので、企業側としても募集することで経費は掛かっていません。

ブラック企業で人の出入りの激しい会社は捨て駒を探すように人を集め、採用しては少しでも気に入らなければ解雇しているのです。

なお、不当な解雇や労働者問題などはハローワークの管轄ではないので、ハローワークで相談しても軽くあしらわれます。

不当な解雇など、企業とのトラブルは労働基準監督署に相談がおすすめです。

詳しく書いています↓

求人票と実際の労働条件や内容が違っていても問題ないから

実は求人票の内容が実際の労働条件と違っていても問題はありません。

むむむ
むむむ

求人票はあくまで目安なので、細かい所は企業と労働者で詰めてねって話でした。これ、実際に出来る人ってどれくらいいるの?主張が激しいぞ!ってクビにされるよ(私のようにね・・・)

なので、入社してから初めて知った事や騙されたと感じる事もあるかもしれません。

求人票と労働条件がちがう!わたしが体験したこと

多数転職経験がある私が実際に体験した求人票と実際の労働条件の違いはこちらです。

むむむ
むむむ

働く前に知らされるのではなく、慣れてきてしばらくたったころに言われることも・・・。こんなの防ぎようがないよね(泣)

 

土日祝日休みのはずが、休みではない

仕事を始めて半月くらいたった頃、実は当番制で土日祝日の出勤があなたにもあるんだよと言われました。

むむむ
むむむ

え!年に1回あるかないかだよって面接で言っていたよね・・・?

入社させてしまえばこっちのもの!っていう企業ありますよね・・・。

実は産休・育児休暇の代理の求人だった

入社後に告げられる経験をしました。

・・・?

では、この方が育休から復帰したら解雇になりますよね・・・?

という事もあります。

一般事務員の募集のはずが経理だった

一般事務で募集がされていたので応募、入社したら経理の仕事ですと言われました。

私の履歴書を見て採用したはずだと思うんですが・・・。

例えば一般事務と謳っていても、入社してからクレーム係になる可能性もあります。

人気のある職種をちらつかせながら入社に誘い込む場合も。

正社員のはずが契約社員だった

入社後の説明で突然、契約社員扱いに・・・!

こちらは正社員だから応募したのに、採用されるまでの労力から仕方なく条件を飲んだ過去もあります。

むむむ
むむむ

県外に就職して住まいも借りて時間もお金もかかったのに・・・。信じられないけど本当の話なんですよ。

 

求人票と実際の条件が違った場合に意見を言えるホットラインがあります!

意外と知られていないのですが、求人票と実際の労働条件が違うときに相談できるんです。

会社に対して是正勧告をしてくれます!

悩んだ時はこちらへ→ハローワーク求人ホットライン

むむむ
むむむ

ちなみに最寄りのハローワークに言っても相手にされない場合があります。この制度自体を知らないハローワークの職員が多いです!ホットラインに直接電話が一番確実です。

ハローワークの求人票でブラック企業を見つける方法

ハローワークの求人票を見てブラック企業の可能性がある企業を見分ける方法があります。

以下のような企業は要注意です。

掲載日が古い求人票
ポジティブなコメントの記載のある求人票

掲載日が古い求人票

掲載日が古い求人票は何かしら問題があるため、採用者が決まらず掲載されている可能性があります。

例えば

*採用してもすぐ会社を辞められる

*採用してもすぐ会社を辞めさせられる

*いつも出ている求人なので、転職者が要注意企業リストに入れている

と言ったことが予想されます。

むむむ
むむむ

2か月も前に出された求人票に応募したら、嫌がらせの仕事させられたうえに4日でクビになったよ・・・。

ポジティブなコメントの記載のある求人票

ポジティブなコメントがある求人票の企業は要注意です。

例えば

*やる気のある方歓迎

*アットホームな雰囲気の職場です

などです。

そもそもやる気のない人は転職したり仕事しないですし、一般社会人に対して失礼です。

そういう言葉を使ってくる企業は社員を大切に扱わないです。

アットホームな雰囲気も仕事をするにあたってどうかなと思います。

アットホーム=プライベートに干渉すると勘違いしている職場もあります。

むむむ
むむむ

2年前に働いていた職場の会長は、同僚に結婚するのかしないのか早く教えろと言っていた。結婚しないならしばらく仕事に専念を・・・なんてパワハラですよね。

面接時にブラック企業かどうか見極める方法

求人票で見分けられなくても面接時にブラック企業かどうがを見分かる方法があります。

面接は自分が見られているようですが、逆に自分が企業をチェックする場でもあります。

以下のような企業はブラック企業です。

面接者を試すような事をする
面接者が困るような面接方法を採る
面接と言うより一方的に企業について話すような会社

面接者を試すような事をする

私の場合は履歴書と職務経歴書の文の読み上げをさせられました。

むむむ
むむむ

履歴書と職務経歴書書いているのに。もう見てるはずなのに。受け答えや話し方は面接すればわかるはずなのに。なんだか試されている気分でした。

誠意が感じられない企業は要注意です!

面接者が困るような面接方法を採る

ある個人経営の人との面接はチェーン店のカフェでした。

しかし、お互いに顔が分からないために慌てました。

むむむ
むむむ

面接を受ける側は遅れちゃいけないと思うんだけど、誰だかわからないから軽くパニックになりました・・・。

相手の気持ちに立たない企業は危険です・・・!

面接と言うより一方的に企業について話すような会社

面接に行ったはずが、一方的に企業について語られてしまい企業説明会のようでした。

最後に「質問は?」と聞かれて終了したこの企業は、ワンマン企業でした。

むむむ
むむむ

一方的な感じがどう見てもアウトですよね(笑)

ハローワークの求人はブラック企業が多いので、転職サイトで探す事をおすすめします

ハローワークは無料で求人出来るし、求人票と実際の業務内容が違っていても違法ではありません。

その為、人手不足のブラック企業は魅力的な条件を載せて求人を募ります。

掲載日が古い求人票
ポジティブなコメントの記載のある求人票

といった求人票には注意してくださいね。

実際に面接に行くとブラック企業体質が見え隠れしていることも多いので

面接者を試すような事をする
面接者が困るような面接方法を採る
面接と言うより一方的に企業について話すような会社

と言った事を注意深く観察しながら面接を受けてください。

上記のようなことがあると労働者の事を大切にしない企業であることが多いです。

入社してから気が付くと時間が大変もったいないので、ハローワークで求人を探しつつ転職サイトにも登録しておくことをお勧めします。

転職サイトならいつでも自分で求人に応募できますし、転職サイトの方でもマッチングしてくれるので自分に合った仕事が見つかります!

とらばーゆは女性にピッタリな仕事がたくさんあります。

毎週2回、自分に合った求人がメールで届きますよ。

 

女性のための転職サイト


とらばーゆをチェックする

詳しく書いています↓

 

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

皆さんの転職活動に少しでもお役に立てれば嬉しいです!

むむむ
むむむ

ここまで読んでくれてありがとう!

ツイッターでも家族や子育て、仕事について

つぶやいています。よろしければ

フォローをお願いします。
むむむ@mumumu_shi

こちらもあわせてどうぞ

クビになった話1↓

クビになった話2↓

突然解雇された場合にする事を書いています↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました